植物園のようなカフェレストランがメリケンパークにオープン!

 神戸のメリケンパークに食や自然をテーマにしたカフェレストランが2月17日オープン!

sora3.jpg
FISH IN THE FOREST

 「TOOTH TOOTH」が、30周年の節目として新たに提案するライフスタイル発信型カフェレストラン
『 FISH IN THE FOREST ~TOOTH TOOTH × そら植物園~ 』

 店内は、世界を旅し、植物を収集する「プラントハンター」として知られる西畠清順さん(そら植物園代表)がそろえた植物に囲まれて、飲食を楽しめるボタニカルガーデンの空間になっています。

sora4.jpg
神戸新聞

  店舗イメージイラストやロゴを手掛けているのは、神戸を代表する画家である寺門孝之氏(神戸芸工大教授)。広さ約450平方メートルのフロアには、ヤシの木やサボテンなどが置かれており、2階フロアには寺門氏が描いた人魚の絵画も飾られています。

sora6.jpg
ぐるなび

また、結婚式やパーティ会場としても貸し切って使用することができるそうです(着席最大120人)。

sora1.jpg
ぐるなび

 16日に行われた内覧会のトークショーでは、西畠さんが「100万本に1本ともいわれる珍しいヤシの木もあるので、見て楽しんでほしい」とおっしゃっています。

 「TOOTH TOOTH」が提案する“食"のテーマは「神戸キュイジーヌ」。

sora2.jpg
神戸新聞

 キュイジーヌは、フランス語で厨房・台所調理をする場所、処(ところ)という意味をもっていますが、「料理」という意味もあります。地域の素材にこだわり、その組み合わせやアレンジを工夫する料理というニュアンスが込められているようです。

 神戸で育った地元野菜を使ったサラダやピッツァ、四季折々の食材・こだわりを詰め込んだメイン料理、「食と自然」をテーマに、華やかでこころもカラダも豊かになるフードとドリンクを届けていくそうです。


FISH IN THE FOREST ~TOOTH TOOTH × そら植物園~」より紹介

【西畠 清順】


 そら植物園代表/プラントハンター
 幕末より150年続く花と植木の卸問屋「花宇」の五代目。日本全国~世界数十か国を旅し収集している植物は数千種類。日々集める植物素材で、国内はもとより海外からの依頼も含め年間2,000件を超える案件に応えている。2012年に、ひとの心に植物を植える活動「そら植物園」をスタートさせ、植物を用いたいろいろなプロジェクトを多数の企業・団体などと各地で展開、反響をよんでいる。
http://from-sora.com/

【寺門 孝之】


 1961年生まれ。画家・神戸芸術工科大学教授。
 大阪大学文学部美学科卒業後、セツ・モードセミナーにて長沢節氏に絵を学ぶ。
 1985年、第6回日本グラフィック展大賞受賞。
 東京・神戸の2拠点に、光り輝く「天使」や「夢」の世界を描き、個展での作品発表をはじめ、書籍の装画、広告ポスター、ライヴペインティングなど幅広く活躍。
 角川映画『人間失格』の劇中画、朝日文芸時評挿画、兵庫県立芸術文化センター管弦楽団公演パンフレット表紙画など、他分野とのコラボレーションも多数。
 著書『Holy Basil』『てらぴか映画日誌』『ANGEL ROSE JEWEL BOAT』など多数。
 絵本『ぼくらのオペラ』など多数。最新の絵本に、12月『ながれ星のリリリ』、2017年1月『夢金』。
 http://www.terapika.com/files/todaysterapika_files/

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック